鮫 河 橋 谷町

鮫 河 橋 谷町

>

鮫河橋谷町二丁目 - 明治5年(1872年)鮫河橋谷町北部、元鮫河橋表町北部、寺地が合併して成立; 明治44年(1911年)5月1日これらは四谷区元町、南町、谷町一丁目、谷町二丁目と簡略化され、鮫河橋の名は行政地名から消滅した。 地域の状況 [編集]

鮫河橋谷町二丁目 - 明治5年(1872年)鮫河橋谷町北部、元鮫河橋表町北部、寺地が合併して成立; 明治44年(1911年)5月1日これらは四谷区元町、南町、谷町一丁目、谷町二丁目と簡略化され、鮫河橋の名は行政地名から消滅した。 地域の状況

06.12.2017

 · 町名:鮫河橋谷町 一・二丁目. 読み方:さめがはしたにまち Samegahashi-Tanimachi. 区分:町丁. 起立:江戸期. 廃止:1943(昭和18)年3月31日. 冠称:1911(明治44)年4月30日まで「鮫河橋」 現町名:新宿区若葉二・三丁目

23.06.2010

 · 鮫河橋谷町という名前はスラム街を想起させるとして戦前の昭和18(1943)年に行政によって早々に抹消された訳だが、古い地名の痕跡は電信柱を見ると分かる。大阪じゃ「谷町」は市内屈指のハイソ(相対的な印象。大阪市内は貧民窟だらけ)なエリアだが、東京の四谷で見る「谷町」は東京 ...

旧地名鮫河橋谷町である。その名の通り、四谷の台地と赤坂の台地の間の谷であった。 その名の通り、四谷の台地と赤坂の台地の間の谷であった。 明治32年(1899)に、毎日新聞記者だった横山源之助が、『日本の下層社会』(教文館)という本を出版している。

23.06.2010

 · 今で言う所の新宿区若葉二丁目、三丁目、南元町一帯はかつて「鮫河橋」という地名で呼ばれていた場所だ。大きく切り込んだ谷戸地が南側から伸びていて、谷底には鄙びた下町の商店街、その両側を寺町で覆い尽くされた、一見すると独特な空間だ。この鮫河橋、上 - …

代表的なものが3カ所あって、それは下谷万年町(上野駅のそば)、芝新網町(浜松町駅のそば)、四谷鮫ケ橋(赤坂離宮のそば)です。この3カ所は江戸時代から続く大スラムで、明治30年(1897)の調査では、下谷万年町が875戸、芝新網町で532戸、四谷鮫河橋谷町で1370戸の細民長屋がありました。

04.05.2017

 · 四谷鮫河橋谷町はその町名通りの谷底にある細長い街で、まちの出入口は入口と出口の二つしかない。 巨大地震で火災が生じたら・・・地獄絵図になるぞこりゃ 「有名な」コインランドリーと銭湯。 銭湯はやってなかった・・・ こういうアパート、好きなんだけどなぁ . とにかく車両が通行 ...

鮫 河 橋 谷町

鮫 河 橋 谷町

鮫 河 橋 谷町

http://nikkei.lineagefan.ru